不動産投資や投資用不動産の 不動産投資日記になりますマンションや不動産投資物件不動産投資のセミナーも紹介
 ■TOPサイトマップ不動産購入の知恵覚書不動産費用他覚書行動日誌






スポンサードリンク

2006年08月27日

■宅建主任者手数料(不動産売買時)

■宅建主任者手数料


■宅建主任者手数料

なんだか難しそうですが、要は買主に付く不動産屋さんに

払う手数料の事です、国家試験合格している主任者さんでないと

売買はできないのです、所詮大家も国土を借りている事には

変わらないということです、大家の大家(国)のお墨付きの

人でないと売買できませんよーという事。

じゃあ、なんぼかかんねん!という事ですが。。


200万円以下の物件は4%

200万円以上は3%+6万円

だったかなー?

それが買主から取れる最大限の金額!

さて、ではこれに絡む話題ですが。。


とうぜん売主からも手数料を

おんなじ基準で頂くわけですね。。

ただし、媒介と呼ばれる物件だと

2つの不動産業者が絡むわけです。。

で、専任だと、売主からも買主からも、

3%+6万円いただけちゃうというわけです。。

おとくですね。。

で、専任物件もいいのは、安くても

売ってしまえば、両手(業界用語?ようは売主から片手分、

買主から片手分、合計両手分) 

いただけちまうから、安くてもはよさばこー

という、不動産業者の心理に入り込める場合があります。。

ようは、専任の方が、比較的値引き交渉しやすいということです。














■関連記事

TOP


ちえ覚書

不動産にかかる費用一覧はこちら(ぜに覚書一覧)










■関連キーワード
ケネディクス 不動産投資
札幌 不動産投資
不動産投資
ローン 不動産投資
セミナー 不動産投資
フルローン 不動産投資
福岡 不動産投資
ノウハウ 不動産投資
ブログ 不動産投資
広島 不動産投資
大阪 不動産投資
節税 中国 不動産投資
韓国 不動産投資
不動産投資
用語 不動産投資
利回り 不動産投資
リート gackt 不動産投資
不動産投資
税金 不動産投資
アパート 京都 不動産投資
シンガポール 不動産投資
不動産投資
マンション タイ 不動産投資
ホテル 不動産投資
posted by きみと at 01:58 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/22865238
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。